巫女神さまをやってみた私の感想

巫女神さま

巫女神さま

こんばんはー、九の段が得意になった管理人です。

本日は「巫女神さま」をプレイした私の感想などをご紹介します。ジャンルは同人エロゲームです。

作品を作られた同人サークルは「ぽいずん」さんです。とうとう本日の7月12日に発売されました!

今回の主役は、巫女神さまの小依ちゃんです。私は巫女さんの衣装が結構好きですが、皆さんはどうでしょうか?

エロゲーム

小依ちゃんは、「てぇぇいッ!」と妖怪を退治する元気な女の子です。巫女姿とミニスカートがすごくかわいいです(*´Д`)

ゲームのストーリーは、母親からの依頼をこなすために、とある村にやってきたところから始まります。

本当は、東京で友達と夏休みを過ごしたかったのに、村の人や妖怪からエッチな攻撃を受けちゃうゲームとなっております。

同人ゲーム

私的に、小依ちゃんのキャラ設定が、元気な感じでとても良いなあと思いました。こういう元気な子が周りの人からセクハラされるのがすごく私のツボです。

RPG要素としては、結構敵が強いです。レベルを結構あげないと、毎回のように、妖怪からセクハラ攻撃を受けます。例えば、

おっぱいを揉む

猿の妖怪におっぱいを揉まれたり、

おっぱい 揉む

乳首をコリコリされたりします。他にも、

巫女神さま

おっぱいを揉みながらキスしてくる妖怪もいます。ああー、私も妖怪になりたい。

先ほども言いましたが、レベル上げをしないと、結構敵が強いです。序盤は毎回のように、敵からセクハラされます。

ぽいずん

セクハラ攻撃を受けてHPを奪われるシステムとなっております。それでは、他の画像やゲームをプレイされたい方は、

巫女神さま

をクリックしていただけたらと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンク
検索フォーム
おっぱいを揉む画像
カテゴリ
注目の同人

RSSリンクの表示
QRコード
QR